Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wrkakukatariki.blog87.fc2.com/tb.php/22-f02a1696

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この厄介な国、中国


最近のニュースは日米・日韓・日朝・日中関係が悪くてどうしようもない。
アメリカは牛肉を押し売りしてくるし、韓国は竹島問題で大騒ぎするし、中国は尖閣諸島だの歴史問題だの騒ぐネタはたくさん。北朝鮮は何も言うまい。とにかく懐かしい国際関係になったなあと感慨にふけってしまう(そんな場合じゃないな)状態であります。
しかし中国人の考えることは分からない。「愛国無罪」なんてプラカードは同じ文字を使う日本人もよく意味が分かるのだけれども、なんであれだけ騒ぎ立てるのか。そういやサッカー・アジアカップの時もすごかった。激しいブーイングの嵐の中で日本は優勝したんですが、ラフプレー連発してたわけでもなし、あんなに騒がなくてもいいだろうに。中国人は本当のところ何を考えているのか?

かつての教科書問題は「中国を侵略」としていた文を「中国に侵入」だの「中国に進出」なんて書き方をして、それに対して「侵略戦争を行ったことをごまかすのか!」と、当時苦労した年代の人たちが中心となって日本に抗議運動を行ったのです。そりゃ怒るわなぁ。
ところが今回の騒ぎでは中心となっている人たちは若い人ばかり。ニュース映像を見る限りでは二十代が中心ではなかろうか。なんでそんな年代がデモ(というよりもはや破壊活動)を起こすのか。おい、お前ら何考えてるんだ!

そんな疑問を持っているあなたにお薦めの本があります。ワック文庫ってとこから出ている「この厄介な国、中国」です。これを読めば目からウロコ、新たな中国に対する考え方がうまれます。

なぜアジアカップでブーイングを浴びたのか、尖閣問題で騒ぐのか、教科書問題で暴れるのか、靖国参拝問題を言い続けるのか・・・それらがなぜなのかはこの本を読めば結構分かってきますよ。この本に当てはめて言うと、あのデモは実は指桑罵槐なのだ・・・だから政府はあのような態度をとらざるを得ない・・・となる。
ぜひご一読あれ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wrkakukatariki.blog87.fc2.com/tb.php/22-f02a1696

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

(^_^)






プロフィール

WR

Author:WR
札幌出身、東京某所で一人暮らし中だったのが首都圏脱出し、現在は国内某所に生息中(^o^)
長年患った自律神経失調症も現在は完治状態、
東京にある某社の一会社員として仕事していたのが退職してしまったので、いまは無職状態。
翻訳は金にならないと知りながらも再挑戦、だが悪戦苦闘の結果、才能がない事を悟る...
コンサドーレ札幌をしつこく応援中(^_^;
こんなページですが、ひとつ読んでやってください<(_ _)>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

(^o^)

本日のアクセス

ブログカウンター

昨日のアクセス
総アクセス数 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。