Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wrkakukatariki.blog87.fc2.com/tb.php/24-21ff7e51

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

やはり奇妙な中国の常識


さすがにこのままではまずいと思ったのか、中国政府は日本に対する抗議行動に自粛を呼びかけはじめましたね。日本にはなめられたくない、しかし国際社会ではそれは許されない、先進国として文明国として国際的に認められなければ・・・と、中国がかかえるジレンマを感じさせます。

そもそも中国が日本に対してデモをやっても実はなんのメリットもない。国をまとめるために仮想敵国を作り上げ、それにより国民統制しようとした北京政府の政策が裏目に出てしまった。反日教育=国民統制教育にすぎないのである。「日本製品買うな!」といっても、日本企業の投資なしでは経済発展はありえないし、「教科書の記述が問題だ!」といっても、問題にされている教科書は数社が出版している教科書の内の一部が検定を通っただけで、教育現場では教科書を選択することが出来る。中国では国定教科書が絶対なのである。貿易では中国にとって日本が最大の輸出相手国、お得意様である。日本は中国に対しては貿易赤字の状態。アメリカも日本より中国からの輸入量が増大している(最近アメリカが貿易問題で日本に文句を言ってこないのはこのため)。海外旅行でさえ日本人の渡航先はアメリカ(ハワイ・グアム含む)の次に中国(香港・マカオを含まず)に行く人が多い。なんだ、中国にとって日本はなくてはならないパートナーじゃないか。

日本にとって中国は有史以前から憧れの存在だったと思うんですよ。優れた文明と文化を持った巨大で強大な国。文字がなかったので漢字を輸入して、それからひらがなとカタカナを作り書き言葉を作った。日本語が読み書きできるのは中国文明のおかげです。政治体制も参考にさせてもらった。皇帝に対抗しようと思って天皇という名称と地位を作ったようだし。遣隋使や遣唐使を送ったのも最新の文化文明を仕入れようと思ったからだろうし、仏教も中国から教わった。お経も昔の中国語が元ですね。何百年もの間、日本は中国からいろいろ教わりお世話になったのです。
ところが十九世紀後半あたりから変わってきた。明治維新を起こした日本はそれまで見本にしていた国を中国から欧米諸国に変更した。おかげで日本は近代的な文明国の仲間入り、しまいには1894年に日清戦争を起こしてしまった。元寇なんてあったけど、日本と中国が戦争するなんて史上初のことだった。それだけそれまでは中国は強大な国で戦うなんて考えられない国だったということ。それが戦争して日本が勝ってしまった。これにて日本と中国の関係が逆転してしまう。中国はこのままではやばい、日本に抜かされたと1911年に辛亥革命を起こし、1912年にアジア初の共和国である中華民国を建国することになる。

日本は調子に乗って韓国を併合し、ついには中国東北部へと手を伸ばした。そりゃ中国は怒るわなぁ。ついに日中戦争が勃発、欧州ではドイツとイタリアがイギリス・フランス・ソ連と戦争、日本はアメリカにまで喧嘩をしかけ派手な世界大戦が行われる。この枢軸国(the Axis)と連合国(United Nations)の戦いは原爆投下で終わりを告げる。戦後、勝者の連合国側で「国際連合(the United Nations)」が創設された。連合国と国際連合は実は同じ"United Nations"。中国語では国連を「連合国」と訳しているそうで、中国からしてみれば、敗戦国である日本がなんで「連合国」の常任理事国になれるんだ? と思えるらしい。うーん、60年前の出来事がいまだに影を引きずっているのであった・・・

13億の民がいる国、中国のことをもっと知っておいた方がいい、と私は思う。というわけで、前に紹介した「この厄介な国、中国」に続くオススメの本を紹介します。「やはり奇妙な中国の常識」です。著者は同じく岡田英弘氏。中国の人口、秘密結社について、人肉喰い、結婚と恋愛、恐妻話、宗教観などなど中国人が何を考えているか、なぜそう考えるのかが分かる一冊です。漢文なんて読んでいたって中国人のことは全く分かりませんよ。世界の中心の国と思っている中国の本音を知っちゃいましょう。

ちなみに私は何人かの中国人とお話ししたことがあるんですが、みんな好意的でした。「Japanese?」とか「ニッポンジン?」なんて興味深げにあちらから話しかけて来るし、言葉がうまく通じなくても漢字を使えば結構筆談でコミュニケーションがとれちゃうんです。「中華料理っておいしいよね」と言ったら「日本の電化製品はいいよね」なんてお互い褒めあって盛り上がったりして。やっぱり双方で誤解や偏見がなければ仲良くなれますよ。中国には本当の日本を知ってもらって、こちらも中国のことを正しく理解してあげれば、将来は仲良くやっていけるでしょう。

でも、2008年のオリンピックはほんとにうまく出来るのかねぇ? 先進文明国の仲間入りをするために中国政府は意地でも成功させようとするだろうから、その意地が裏目にでたら・・・ああ、こわい......
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wrkakukatariki.blog87.fc2.com/tb.php/24-21ff7e51

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

(^_^)






プロフィール

WR

Author:WR
札幌出身、東京某所で一人暮らし中だったのが首都圏脱出し、現在は国内某所に生息中(^o^)
長年患った自律神経失調症も現在は完治状態、
東京にある某社の一会社員として仕事していたのが退職してしまったので、いまは無職状態。
翻訳は金にならないと知りながらも再挑戦、だが悪戦苦闘の結果、才能がない事を悟る...
コンサドーレ札幌をしつこく応援中(^_^;
こんなページですが、ひとつ読んでやってください<(_ _)>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

(^o^)

本日のアクセス

ブログカウンター

昨日のアクセス
総アクセス数 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。