Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wrkakukatariki.blog87.fc2.com/tb.php/56-e595770a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

チャーリーとチョコレート工場

映画のお話。「チャーリーとチョコレート工場」を観てきました。

私はティム・バートンのファンを十七年やっており、お待ちかねの新作と言うことで見に行ったんですが、ティム・バートンのファンとしては久々のバートン流ブラック・ユーモア、奇天烈なセットなどのデザイン、ファンタジック(なのだが完全なファンタジーではない)な設定とストーリーの作品をみせてもらったといったところです。

「ビートルジュース」でバートンファンになった私は、「シザーハンズ」「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」(←監督作ではない)「エドウッド」と楽しんで鑑賞し、「マーズ・アタック!」も”これはバートンの趣味(悪趣味?)が炸裂した作品だぁ!”と喜んで鑑賞、「スリーピーホロウ」も”ゴシック・ホラーの傑作!”と思ってるんですが、「猿の惑星」を観たとき死んでしまった・・・・・・(駄作じゃないか!)

ショックを受けた私は「バートンはダメになったのか?」と怖れを抱きながら「ビッグ・フィッシュ」を鑑賞。これはよかったですね。バートン色に染まりながらも、いままでにない観賞後の味わいを得られる一品でした。「ああ、よかった。まだバートンは大丈夫だ」と思った私はジョニー・デップと四度目のタッグ(前三作は「シザーハンズ」「エドウッド」「スリーピーホロウ」)を組んだ「チャーリーとチョコレート工場」を安心して鑑賞、期待を裏切られることなく楽しませてもらいました。これからも奇天烈な作品を作り続けてくれ、ティム・バートン!

バートン作品の音楽といえばダニー・エルフマン、エルフマンの楽曲が一番光っていた作品といえるんじゃないでしょうか? CD買おうかな?

映画自体のDVDは2006/02/03に発売決定済み! おお、買わなきゃ!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wrkakukatariki.blog87.fc2.com/tb.php/56-e595770a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

(^_^)






プロフィール

WR

Author:WR
札幌出身、東京某所で一人暮らし中だったのが首都圏脱出し、現在は国内某所に生息中(^o^)
長年患った自律神経失調症も現在は完治状態、
東京にある某社の一会社員として仕事していたのが退職してしまったので、いまは無職状態。
翻訳は金にならないと知りながらも再挑戦、だが悪戦苦闘の結果、才能がない事を悟る...
コンサドーレ札幌をしつこく応援中(^_^;
こんなページですが、ひとつ読んでやってください<(_ _)>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

(^o^)

本日のアクセス

ブログカウンター

昨日のアクセス
総アクセス数 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。