Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wrkakukatariki.blog87.fc2.com/tb.php/71-a0c4d455

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「Zガンダム」のお話 その5

ZガンダムIII

さて、そういうわけで「星の鼓動は愛」について。

TVシリーズで第33話に当たるミネバ・ザビ謁見に始まり、第50話=最終回の終盤まで怒濤の如く突き進む展開、一気に見せてくれました。こいつは観ていて心地いい。
しかし結局キリマンジャロのエピソードはカット、なんとシャアのダカール演説という名場面がカット(これはTV版と映画版の決定的違いを産み出した箇所といえる)、ロザミア・バダムが再登場して「お兄ちゃあん」というエピソードもカット(だけど最後にカミーユがシロッコに突っ込むところでは出てくるんだよな)と、映画版はTVと違うことをしっかりと見せつけられた(そりゃ、上映時間の都合を考えると致し方ないか?)

しっかり残っている箇所はまずハマーン・カーンの存在感。「I」では未登場、「II」ではラストに姿を現したに過ぎなかったハマーンが、この「III」では圧倒的な存在感で作品を支配してくれている。確かに「Z」においてハマーン・カーンというキャラは絶対必要であり、削除したりちょい役にしてしまわなかったのは大正解といえる。またレコアがティターンズに寝返るエピソード、シロッコがジャミトフを暗殺しティターンズを乗っ取り好き勝手やる、ヤザン・ゲーブルが暴れまくる、エマとヘンケンの悲しい結末、サラとカツのこれまた悲しい結末は押さえていましたな。それぞれ好きな設定&エピソードなので外されたら参ります(^^)

そう考えるとカミーユ関連の話ってなんかあったっけ? って思える。シャアもダカール演説がなくなったので、だいぶ存在の意味合いが違ってしまっているし。誰が主役なのか忘れてしまいそうな展開になってる作品ともいえそうだ。

この三部作の公開前に「ラストは変えます」と富野監督が宣言していたのだから、カミーユがラストでああなるのは了解事項であり、そのラストを迎えるためにストーリー展開が不自然にならないように修正されているのも了解できる。しかしカミーユの悲劇的結末を避けるために、カミーユ関連のエピソードをいろいろいじったり削除したりせざるをえなかったのではなかろうか。「I」ではジェリドを殴る話は簡略化され、両親が死ぬ話は展開上はずせないので仕方なく残し、「II」ではフォウとの話を改変、「III」ではロザミアの話を削除と、この映画版ではカミーユの話はかなり省略・削除されてしまっている。ウォン・リーもただのおっさんになってしまってるし。これははたしてよかったのかどうか・・・・・・。次々と不幸な出来事が訪れ、それでも戦い、苦しみを耐え抜き、最後には精神崩壊、ではなく救われるーーというストーリーを組み立てるのは難しかったのかと考えてしまうのだ。TV版にこだわってしまうからそう考えるのかもしれないが・・・・・・

台詞は全部書き換えている(富野監督・談)ので、TVでああ言ったところが映画ではこう言っていると比較できる。これは楽しい。そして決め台詞はやっぱり映画になっても残っているのがおもしろい。「まだだ、まだ終わらんよ!」が「ええぃ、まだ終わらんよ!」と微妙に変更されているが残っていたりして。「シャア・・・私と来てくれれば・・・」「勝てると思うな、小僧!」「ここからいなくなれーっ」は変更されていましたが。

新規に描かれた絵は三作ともとてもきれいでしたね。この作画レベルで「逆襲のシャア」も作ってくれていれば・・・と思ってしまったりするのだが。全部新規に作画すればと思ってしまうのだけれども、富野監督は「ZはあくまでTVが元になっている映画」ということでTVの絵も併用することにこだわっていたようで、そうでなければわざわざTVの絵をあんなに使わないか。全部新規に作画した方が楽だったんだろうけど、敢えて新旧の絵を組み合わせて作ったんですな。でもやっぱり新規に作画した画像はよかった。個人的に一番よかったと思えるのは、コロニーレーザー内で百式、キュベレイ、THE Oが対戦するところ。ここはかっこよく出来てましたね。

エピローグとして地球にいるアムロたちが登場、アムロは出番がないんじゃないかと思っていたので出てきてくれてよかった。フラウ、レツ、キッカ、そしてミライ、それからなんとカイとセイラが会話するというファンサービス。井上遥がライブラリー出演してくれました、スタッフえらい! ただ、難を言えばフラウとベルトーチカを同じ場面に出して欲しくなかったんだよなぁ。アムロとフラウ、アムロとベルトーチカで切り分けて欲しいんですよ、こちらとしては。そもそもアムロとベルトーチカの関係が映画版では深く描かれていなかったし。代わりにハヤトを出して欲しかった~。

とまあ、思いついたことをだらだらと書いてしまいました。なんともまとまりのない文章であるか(>_<) でも「Zガンダム」やガンダム全般についてまた機会があれば書こうと思うので、そのときはよろしくね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wrkakukatariki.blog87.fc2.com/tb.php/71-a0c4d455

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

(^_^)






プロフィール

WR

Author:WR
札幌出身、東京某所で一人暮らし中だったのが首都圏脱出し、現在は国内某所に生息中(^o^)
長年患った自律神経失調症も現在は完治状態、
東京にある某社の一会社員として仕事していたのが退職してしまったので、いまは無職状態。
翻訳は金にならないと知りながらも再挑戦、だが悪戦苦闘の結果、才能がない事を悟る...
コンサドーレ札幌をしつこく応援中(^_^;
こんなページですが、ひとつ読んでやってください<(_ _)>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

(^o^)

本日のアクセス

ブログカウンター

昨日のアクセス
総アクセス数 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。